2018-19AWトレンドカラーの違いや使われ方を前年のトレンドカラーとの比較も紹介!

[vc_row][vc_column][ift_slide images=”565″ images_sp=”565″ title=”2018-19aw トレンドカラー”]2018-19aw トレンドカラー[/ift_slide][/vc_column][/vc_row][vc_row css=”.vc_custom_1524195172668{margin-top: 80px !important;}”][vc_column][ift_about image=”452″ description=”〇〇店〇〇〇〇〇です。
ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。ここに挨拶文が入ります。”]はじめまして、ニットアドバイザーの大久保 ちせです!
イタリア・フィレンツェで開催される糸の展示会PIITI FILATI79(ピッティフィラティ)をもとに、私なりの2017-18AW(秋冬)トレンド分析をしました。
ぜひ、企画をするときの参考にしていただければと思います。
トレンドカラーについてと、トレンドカラーをどのような編地に表現するのかをご紹介します。[/ift_about][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][ift_heading title=”MjAxOC0xOWF3JTIwJUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJUFDJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTg5JUUzJTgzJTg2JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTlFJTBB” sub_title=”JTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjAlMjM0MGJkYjMlM0IlMjBmb250LXNpemUlM0ElMjAxMnB4JTIyJTNFVGhlbWUlM0MlMkZzcGFuJTNF” sub_title_pos=”bottom”][vc_column_text][ift_event title=”2018-19aw トレンドテーマ” sub_title=”Theme” alt_image=”2018-19aw トレンドテーマ” event_group=”%5B%7B%7D%5D” description=”これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。”]

テーマは、「THE HUMAN EDITION」

2018-19aw トレンドテーマ「THE HUMAN EDITION」

「THE HUMAN EDITION」
人類の思想や哲学などの文化に注目したテーマです。

以下トレンドテーマの和訳です。

一般的に天候は、不明確な方向性の欠如によって特徴づけられる。それは時に不合理で逆説的な方向や矛盾の中でさえ全てが可能と思われる。来冬シーズンは私たち自身である人類をテーマとする。私たち人類が最も自然的に必要とするものに注目し、それらは重要かつ自律的な決断により実行される。

偉大なるMASTERはファッションを超えた色とアイテムのインスピレーションを示すでしょう。大胆かつ快適な形、型や時間を言及しない細かい仕上げ。色はダーク、飽和色、強烈色、極彩色。服は丈夫に作られ、最新トレンドファッションを超えて、新たなクラシックとなり、あり続けるだろう。計算され構成された繊細な繊維は完全に染料を吸収し、強度と高級感を生む。

HUMANITYの深い感情は来冬シーズンを象徴するでしょう。我々の先祖から受け継いだ遺伝子や文化財は色や形、技術のことであり、それらはHUMANITYを意味する。テーマからは混ぜられた色のグループや寛容さと丁寧さを伝えるような色彩のメッセージを呼び起こさせる。形はソフトで快適かつ、かすかに解剖学、有機学的で温かく包み込む繊維から作られる。ベルベットは触り心地のよいものになる。

純粋な野性的NATUREは精神学的な均等を保証するための効果的な道具であり、素晴らしい官能値と特別な色の贈り物を提供する。野性の花や植物は最も明るいクロロフィルグリーンや花びらのときめく色にインスピレーションされる。綿の入った茎やさやなどの心と体に有効な効果をもたらす珍しい植物繊維のユニークな実験の扉を開くでしょう。

MOTIONは異文化や異なる言語の個人間のコミュニケーションには不可欠である。そしてアートやダンスなどの表現方法の力を広げる。動作やリズムは音楽や音にリンクし、それらは内部のアイディアと外部への表現方法の調和を可能にする。動きの感覚と最も明るい補色の融合は空気のような重なりによって作られた色を持つ軽量かつ重ね着のニットにひらめきを与える。

私たちはREALな色彩感覚を過度な人工物へのリアクションや過去数年を支配してきたビジョンにより選択する。また、原色は天然の仕上げ処理、染色加工、原料を優先して再考と再解釈される。将来的な高級品の定義のために再解釈された伝統的方法は完成品ではなくその工程において特徴づけられている。

食(EATING)の感覚は流行ではなく教育された栄養の問題になりつつある。穀物、マメ科植物、種子、果物は植物由来の方針において重要な位置を占め、新鮮な緑や白と共に自然に脱水された色の範囲にひらめきを与えるだろう。このテーマは繊維の新たな色の実験に道を開き、緑色の核を発達させる。

[/ift_event][/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row el_id=”link01″][vc_column][ift_heading title=”MjAxOC0xOWF3JTIwJUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJUFDJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTg5JUUzJTgyJUFCJUUzJTgzJUE5JUUzJTgzJUJD” sub_title=”JTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjAlMjM0MGJkYjMlM0IlMjBmb250LXNpemUlM0ElMjAxMnB4JTIyJTNFQ29sb3IlM0MlMkZzcGFuJTNF” sub_title_pos=”bottom”][vc_column_text][ift_event anchor_id=”link1″ title=”2018-19aw トレンドカラー” sub_title=”Color” alt_image=”2018-19aw トレンドカラー” description=””]

2018-19秋冬 トレンドカラーはこちら

2017-18aw トレンドテーマ

第一印象が大切です。どんな印象を受けますか?

色数が多い!とても多い!そして、ビビットなカラーが目を引きますね!
今回のトレンドカラーは、テーマによって、8つのグループに分かれています。

[/ift_event][/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][infact_two_column image=”568″ title=”JUUzJTgyJUIwJUUzJTgzJUFCJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTk3JUUyJTkxJUEwJUUzJTgwJTkwTWFzdGVyJUUzJTgwJTkxJUUzJTgzJTlFJUUzJTgyJUI5JUUzJTgyJUJGJUUzJTgzJUJD” icon_pos=”icon-left”]ルドルフシュタイナー氏の人智学は自然の目覚めから生体力学農業、薬学からバイオロジー化粧品まで多くの分野に分けたり新しいアプローチをし続け化学のスピリットを与えた。 ルドルフシュタイナー氏は、オーストリアやドイツで活動した神秘思想家、哲学者、教育者です。 このルドルフシュタイナー氏の考えが今回のトレンドテーマになっています。自然をもとに考える哲学や教育です。[/infact_two_column][infact_two_column image=”569″ title=”JUUzJTgyJUIwJUUzJTgzJUFCJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTk3JUUyJTkxJUExJUUzJTgwJTkwbWl4ZWQlRTMlODAlODBoZXJpdGFnZSVFMyU4MCU5MSVFOCVBNCU4NyVFNSU5MCU4OCVFOSU4MSVCQSVFNyU5NCVBMw==” icon_pos=”icon-left”]このテーマは人類の未来イメージの感覚の中にある複合遺産の魅力的なあり方を伝えている。[/infact_two_column][infact_two_column image=”570″ title=”JUUzJTgyJUIwJUUzJTgzJUFCJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTk3JUUyJTkxJUEyJUUzJTgwJTkwZG9sbCVFMyU4MCU5MSVFNCVCQSVCQSVFNSVCRCVBMg==” icon_pos=”icon-left”]シュタイナーの教育論は人智学的イメージによる人類が影響力を与えている。文化の自由を教科書的に説いている。[/infact_two_column][infact_two_column image=”571″ title=”JUUzJTgyJUIwJUUzJTgzJUFCJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTk3JUUyJTkxJUEzJUUzJTgwJTkwbmlnaHQlMjBqb3VybmV5JUUzJTgwJTkxJUU1JUE0JTlDJUUzJTgxJUFFJUU2JTk3JTg1″ icon_pos=”icon-left”]3~17才までにリズミカルな運動をさせることが望ましい。 そうすると全てのアートを結び付け調和した彫刻、音と詩がともなった絵画や建築をつくることができる。[/infact_two_column][infact_two_column image=”572″ title=”JUUzJTgyJUIwJUUzJTgzJUFCJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTk3JUUyJTkxJUE0JUUzJTgwJTkwc3BvbnRhbmVvdXMlRTMlODAlOTElRTglODclQUElRTclODQlQjYlRTclOUElODQlRTclOTklQkElRTclOTQlOUY=” icon_pos=”icon-left”]自然にでてきた植物を扱うことは他の属性との違いを認識すること、それらの性質に親しみをもつこと。 食物としてそれらを正しく扱う技術が要求される。[/infact_two_column][infact_two_column image=”573″ title=”JUUzJTgyJUIwJUUzJTgzJUFCJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTk3JUUyJTkxJUE1JUUzJTgwJTkwbWVkaWNpbmUlRTMlODAlOTElRTglOTYlQUM=” icon_pos=”icon-left”]健康は精神的に向上するために個々がケアするべき主要な責任がある。[/infact_two_column][infact_two_column image=”574″ title=”JUUzJTgyJUIwJUUzJTgzJUFCJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTk3JUUyJTkxJUE2JUUzJTgwJTkwYmlvZHluYW1pYyVFMyU4MCU5MSVFMyU4MyU5MCVFMyU4MiVBNCVFMyU4MiVBQSVFMyU4MyU4MCVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyU4QSVFMyU4MyU5RiVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVBRg==” icon_pos=”icon-left”]バイオダイナミック農業は広い意味で人類である。それらは精神能力や技術、全てに感謝することが中心である。[/infact_two_column][infact_two_column image=”575″ title=”JUUzJTgyJUIwJUUzJTgzJUFCJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTk3JUUyJTkxJUE3JUUzJTgwJTkwbXVzaWMlRTMlODAlOTElRTklOUYlQjMlRTYlQTUlQkQ=” icon_pos=”icon-left”]音楽は全てのアートの中でもとてもスピリチュラルであり、人類の深い要素として気持ちや感覚を伝え、分かり合うツールである。[/infact_two_column][/vc_column][/vc_row][vc_row el_id=”link02″][vc_column][vc_empty_space][ift_heading title=”MjAxNy0xOEFXJUUzJTgzJUJCMjAxOC0xOUFXJUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJUFDJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTg5JUUzJTgyJUFCJUUzJTgzJUE5JUUzJTgzJUJDJUU2JUFGJTk0JUU4JUJDJTgz” sub_title=”JTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjAlMjM0MGJkYjMlM0IlMjBmb250LXNpemUlM0ElMjAxMnB4JTIyJTNFQ29tcGFyaXNvbiUzQyUyRnNwYW4lM0U=” sub_title_pos=”bottom”][vc_column_text][ift_event anchor_id=”link2″ title=”2017-18AW・2018-19AWトレンドカラー比較” sub_title=”Comparison” alt_image=”2017-18AW・2018-19AWトレンドカラー比較” event_group=”%5B%7B%7D%5D” description=””]

トレンドカラーを昨年と比較してみましょう。なにか気づきがあるかもしれません。

2017-18AW・2018-19AWトレンドカラー比較

昨年と比較して、歴然なのが色数が多い!ということです。
今年のトレンドの特徴は、とにかくいろんな色を使う!ということですね。

そして、春夏で使用されるようなパステルカラーが増えていますね。
これは、2017-16秋冬から2017-18秋冬にかけて青味ベースの色が増えたことも関係しています。

ダークカラーは、ネイビー系が主流で、パープルやブラウンが少しある程度です。
ブラックに代わって、ネイビーの時代はまだまだ続きそうですね。

[/ift_event][/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row el_id=”link03″][vc_column][ift_heading title=”MjAxOC0xOUFXJUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJUFDJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTg5JUUzJTgyJUFCJUUzJTgzJUE5JUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJTkyJUU2JUI0JUJCJUU3JTk0JUE4JUUzJTgxJTk3JUUzJTgyJTg4JUUzJTgxJTg2″ sub_title=”JTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjAlMjM0MGJkYjMlM0IlMjBmb250LXNpemUlM0ElMjAxMnB4JTIyJTNFVXRpbGl6YXRpb24lM0MlMkZzcGFuJTNF” sub_title_pos=”bottom”][vc_column_text][ift_event anchor_id=”link3″ title=”2018-19AWトレンドカラーを活用しよう” sub_title=”Utilization” alt_image=”2018-19AWトレンドカラーを活用しよう” event_group=”%5B%7B%7D%5D” description=”

これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。こ
れはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。これはダミーコピー。

“]

2018-19AWの特徴でもある色数が多い!ということは、さまざまな色の多様に使うということが求められるというわけです。
そして、さまざまな色を組み合わせると全体の色がくすむという現象を防ぐために、くすみの少ないパステルカラーや鮮やかな色が多いのです。
トレンドブースにこんな絵がありました。

2018-19AWトレンドカラーを活用しよう

トレンドテーマのグループ④【eurythmy】律動的運動 リズミカルな運動に展示してあったものです。
”全てのアートを結び付け調和した彫刻、音と詩がともなった絵画や建築をつくることができる。”

このイラストの色を重ね合わせた表現が色を多色に使って表現しやすいアイディアだと思いました。

[/ift_event][/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row el_id=”link04″][vc_column][ift_heading title=”JUU1JUIxJTk1JUU3JUE0JUJBJUU0JUJDJTlBJUUzJTgxJUFFJUUzJTgxJThBJUU3JTlGJUE1JUUzJTgyJTg5JUUzJTgxJTlCJTBB” sub_title=”JTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjAlMjM0MGJkYjMlM0IlMjBmb250LXNpemUlM0ElMjAxMnB4JTIyJTNFRXhoaWJpdGlvbiUzQyUyRnNwYW4lM0U=” sub_title_pos=”bottom”][ift_feed_blog feed_url=”http://www.maruyasu-fil.co.jp/category/exhibit/feed/” limit=”3″][/vc_column][/vc_row][vc_row el_id=”link05″][vc_column][ift_heading title=”JUUzJTgxJThBJUU1JTk1JThGJUUzJTgxJTg0JUU1JTkwJTg4JUUzJTgyJThGJUUzJTgxJTlC” sub_title=”JTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjAlMjM0MGJkYjMlM0IlMjBmb250LXNpemUlM0ElMjAxMnB4JTIyJTNFQ29udGFjdCUyMFVzJTNDJTJGc3BhbiUzRQ==” sub_title_pos=”bottom”][vc_column_text][ift_contact anchor_id=”link05″ title=”お問い合わせ” sub_title=”Contact Us” image=”473″ alt_image=”お問い合わせ” link=”http://www.maruyasu-fil.co.jp/contact/”][/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row el_id=”link06″][vc_column][ift_heading title=”JUU5JTgxJThFJUU1JThFJUJCJUUzJTgxJUFFJUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJUFDJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTg5JUUzJTgyJUFCJUUzJTgzJUE5JUUzJTgzJUJD” sub_title=”JTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjAlMjM0MGJkYjMlM0IlMjBmb250LXNpemUlM0ElMjAxMnB4JTIyJTNFQmFjayUyME51bWJlciUzQyUyRnNwYW4lM0UlMjA=” sub_title_pos=”bottom”][ift_store store_group=”%5B%7B%22title%22%3A%22JUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJUFDJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTg5JUUzJTgyJUFCJUUzJTgzJUE5JUUzJTgzJUJDMjAxOHNz%22%2C%22image%22%3A%22564%22%2C%22link%22%3A%22http%3A%2F%2Ftrend.maruyasu-fil.co.jp%2F2018ss%2F%22%7D%2C%7B%22title%22%3A%22JUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJUFDJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTg5JUUzJTgyJUFCJUUzJTgzJUE5JUUzJTgzJUJDMjAxNy0xOGF3%22%2C%22image%22%3A%22510%22%2C%22link%22%3A%22http%3A%2F%2Ftrend.maruyasu-fil.co.jp%2F2017-18aw%2F%22%7D%5D” anchor_id=”link06″ title=”過去のトレンドカラー” sub_title=”Back number”][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][ift_heading title=”JUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJUFDJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTg5JUUzJTgyJUFCJUUzJTgzJUE5JUUzJTgzJUJDJUU5JTk2JUEyJUU5JTgwJUEzJUU4JUE4JTk4JUU0JUJBJThC” sub_title=”JTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjAlMjM0MGJkYjMlM0IlMjBmb250LXNpemUlM0ElMjAxMnB4JTIyJTNFUmVsYXRlZCUyMGFydGljbGUlM0MlMkZzcGFuJTNFJTIw” sub_title_pos=”bottom”][ift_feed_blog feed_url=”http://blog.maruyasu-fil.co.jp/archives/category/overseas-information/knit-trend/feed/” limit=”8″][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][ift_heading title=”JUU0JUJDJTlBJUU3JUE0JUJFJUU2JTgzJTg1JUU1JUEwJUIx” sub_title=”JTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjAlMjM0MGJkYjMlM0IlMjBmb250LXNpemUlM0ElMjAxMnB4JTIyJTNFQ29tcGFueSUzQyUyRnNwYW4lM0UlMjA=” sub_title_pos=”bottom”][ift_shop table_info_group=”%5B%7B%22label%22%3A%22JUU0JUJDJTlBJUU3JUE0JUJFJUU1JTkwJThE%22%2C%22value%22%3A%22JUU0JUI4JUI4JUU1JUFFJTg5JUU2JUFGJTlCJUU3JUIzJUI4JUU2JUEwJUFBJUU1JUJDJThGJUU0JUJDJTlBJUU3JUE0JUJF%22%7D%2C%7B%22label%22%3A%22JUU0JUJEJThGJUU2JTg5JTgw%22%2C%22value%22%3A%22JUUzJTgwJTkyMTMwLTAwMjYlMEElRTYlOUQlQjElRTQlQkElQUMlRTklODMlQkQlRTUlQTIlQTglRTclOTQlQjAlRTUlOEMlQkElRTQlQjglQTElRTUlOUIlQkQzLTIxLTU%3D%22%7D%2C%7B%22label%22%3A%22VEVM%22%2C%22value%22%3A%22MDMtMzYzMy01NTYx%22%7D%2C%7B%22label%22%3A%22JUU1JTk2JUI2JUU2JUE1JUFEJUU2JTk5JTgyJUU5JTk2JTkz%22%2C%22value%22%3A%22OSVFRiVCQyU5QTMwJUUzJTgwJTlDMTglRUYlQkMlOUEwMA%3D%3D%22%7D%2C%7B%22label%22%3A%22JUU0JUJDJTlBJUU3JUE0JUJFJUU2JUE2JTgyJUU4JUE2JTgx%22%2C%22value%22%3A%22JTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwJTNBJTJGJTJGd3d3Lm1hcnV5YXN1LWZpbC5jby5qcCUyRmNhdGVnb3J5JTJGMTM3NzUyOS5odG1sJTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU0JUJDJTlBJUU3JUE0JUJFJUU2JUE2JTgyJUU4JUE2JTgxJUUzJTgxJUFGJUUzJTgxJTkzJUUzJTgxJUExJUUzJTgyJTg5JTI2Z3QlM0IlMjZndCUzQiUyNmd0JTNCJTNDJTJGYSUzRQ%3D%3D%22%7D%5D” map=”JTNDaWZyYW1lJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZ3d3cuZ29vZ2xlLmNvbSUyRm1hcHMlMkZlbWJlZCUzRnBiJTNEJTIxMW0xOCUyMTFtMTIlMjExbTMlMjExZDMyNDAuMjc3Nzc5Mjc5MjQ0NCUyMTJkMTM5Ljc5MjAwOTU1MTYzMDI2JTIxM2QzNS42OTQ3ODEzODAwOTM5NjQlMjEybTMlMjExZjAlMjEyZjAlMjEzZjAlMjEzbTIlMjExaTEwMjQlMjEyaTc2OCUyMTRmMTMuMSUyMTNtMyUyMTFtMiUyMTFzMHg2MDE4ODkzNTljNDgzZGEzJTI1M0EweGIwMTVmYjgwNjM0NmVjNzMlMjEyejQ0Q1NNVE13TFRBd01qWWc1cDJ4NUxxczZZTzk1YUtvNTVTdzVZeTY1TGloNVp1OTc3eVQ1TGlCNTV1dTc3eVM3N3lSNG9pUzc3eVYlMjE1ZTAlMjEzbTIlMjExc2phJTIxMnNqcCUyMTR2MTUxMTQ5OTkxNjA3NyUyMiUyMHdpZHRoJTNEJTIyNTAwJTIyJTIwaGVpZ2h0JTNEJTIyMzMwJTIyJTIwZnJhbWVib3JkZXIlM0QlMjIwJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJib3JkZXIlM0EwJTIyJTIwYWxsb3dmdWxsc2NyZWVuJTNFJTNDJTJGaWZyYW1lJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmdvby5nbCUyRm1hcHMlMkYxUjN4SDdvRkVURTIlMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0VHb29nbGVNYXAlRTMlODElQTclRTklOTYlOEIlRTMlODElOEYlM0MlMkZhJTNF” anchor_id=”link05″ title=”会社情報” sub_title=”Company” row_1=”丸安毛糸株式会社” row_2=”〒130-0026
東京都墨田区両国3-21-5″ row_3=”03-3633-5561″ row_4=”9:30〜18:00″ row_5=”JTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwJTNBJTJGJTJGd3d3Lm1hcnV5YXN1LWZpbC5jby5qcCUyRmNhdGVnb3J5JTJGMTM3NzUyOS5odG1sJTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU0JUJDJTlBJUU3JUE0JUJFJUU2JUE2JTgyJUU4JUE2JTgxJUUzJTgxJUFGJUUzJTgxJTkzJUUzJTgxJUExJUUzJTgyJTg5JTI2Z3QlM0IlMjZndCUzQiUyNmd0JTNCJTNDJTJGYSUzRQ==” href=”“http://www.maruyasu-fil.co.jp/category/1377529.html“” style=”“border: 0“;” src=”“https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d8907.385790812!2d139.77079740538755!3d35.664285584739396!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x605d1b87f02e57e7%3A0x2e01618b22571b89!2zVG9reW8sIE5o4bqtdCBC4bqjbg!5e0!3m2!1svi!2s!4v1516777063071“” width=”“500“” height=”“330“” frameborder=”“0“”][/vc_column][/vc_row]